[dream.hope.believe.]

fruition.exblog.jp
ブログトップ

Fritz Perls



"I do my thing and you do your thing.
I am not in this world to live up to your expectations.
And you are not in this world to live up to mine.
You are you and I am I,
And if by chance we find each other, it’s beautiful.
If not, it cannot be helped.”

(Fritz Perls, 1969)


Theory of personalirtyという心理学の授業で教授が引用した言葉。

わたしにはこの考え方がとてもピッタシ。

いつだったか、約束を守れない人に対して悲しくなるのが嫌になって、

「人は信じるけど、人に期待しない」ことに決めた。

その人がした約束は信じるけど、その人がそれを守ることには期待しない。

そうすると、その人が約束を守ってくれたら、ありがとう。

もし守れなかったら、そういう人なんだと簡単に受け入れられる。

相手に勝手な期待を持ってがっかりしたり、答えられない期待に困ったり。

相手を理解して、対人関係に必要なバウンダリー(境界線)を保つには、「あなたはあなた、わたしはわたし」の視点が必要だなあと思います。

もしその中でお互いを見つけることができたら、それは美しいこと。

いつも美しいことに達することはできないけれど、だからそうなったその時は倍に嬉しい。倍に感謝。
[PR]
by fruition7987 | 2012-05-18 17:51 | 言葉たち /favorite words